石井工業株式会社

ブログ

blog

明智光秀について・・・

2020.06.22
明智光秀について・・・

裏切者・謀反人の代名詞になっているのが「明智光秀」

日本の歴史を語るうえで欠かせない人物であるのに扱いがぞんざいだとかねがね思っていました。

織田信長の後、豊臣秀吉・徳川家康は天下を掌握するため、光秀を相当な悪人に仕立てあげました。

武士としての倫理観を植え付けるのに光秀は格好の材料だったのでしょう。

光秀が築城した福知山城

明智光秀と織田信長には天下人としてのたくさんの共通点がありました。

まず産業と民政に力を注いだことです。

信長は残虐非道な領主としてのイメージがありますが、彼は攻略した土地の人間には例外なく融和措置を施していました。

税金の軽減・田地の改革・治水の整備etc

また楽市楽座にみられるように、商業の自由化を奨励し、納めた土地に金銭・物品が流れ込むようになりました。

すると人心はこの天下人織田信長を慕うようになりました。

これを継承したのが明智光秀と豊臣秀吉でした。

特に光秀は、治水工事・土木事業に力をいれたため、治めた土地の人々からかなり敬まわれていたと言われます。

先日訪れた福知山も、光秀の民政が400年以上時間が経過した今でも、根強く残っていました。

そんな超一流の武将「明智光秀」がなぜ謀反をおこしたのか・・・今となっては真実は闇の中です。

歴史から真実を永久に抹消されたこの人物・・・酒を飲みながら考察でもしようかな(笑)

山元哲也
1 Star いいね!(4)
読み込み中...

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。