石井工業株式会社

ブログ

blog

WENTZ BOOK REVIEW 20 「白鳥とコウモリ」

2024.06.24
WENTZ BOOK REVIEW 20 「白鳥とコウモリ」

東野圭吾 文庫本最新刊です。

上下巻と分厚いのですが すらすらと読破できました。

<あらすじ>

面倒見の良い弁護士として有名な白石の刺殺死体が発見され 警視庁の五代刑事は捜査を開始します。

早々と容疑者倉木にたどりつき 本人も罪状を認め事件は終わったかのように思えたのですが 被害者の娘美令と加害者の息子和真は 事件に疑念を抱き 独自に真相解明の行動を起こすのですが・・・・

犯罪の被害者家族、加害者家族それぞれの苦しみと葛藤が 過去の殺人事件と絡み 異様な展開になってきます。

作者の巧妙な文体が 登場人物の個性をありのままに表現しています。若い二人(和真と美令)の心理描写も丁寧にかかれていて 好感をもちました。

ただ、このミステリーの結末・・・賛否両論。

ある意味反則技かもしれません。

五代刑事は 加賀恭一郎に比べるとさほどの存在感はありません。

しかし、彼のいつもの口癖が印象的でした。

「すべての女性は名女優」

山元哲也
1 Star いいね!(5)
読み込み中...

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。

最新のエントリー

ジャンル

アーカイブ

投稿者