石井工業株式会社

ブログ

blog

WENTZ BOOK REVIEW 19 「ザリガニの鳴くところ」

2024.05.09
WENTZ BOOK REVIEW 19 「ザリガニの鳴くところ」

最近 海外小説にはまってます📚

今回は3年前に本屋大賞を受賞した作品です。

(あらすじ)

アメリカ ノースカロライナ州の美しい湿地帯が舞台になります。

湿地帯に住む、主人公の少女カイアの家族は彼女が6歳の時 、母親・姉・兄そして父親とカイアを残して次々と家を去っていきます。

残された6歳のカイアは一人で生きていかなければなりませんでした。

学校にも行けないカイアは「湿地帯の少女」ある意味悪意をもったニックネームで呼ばれることになります。

唯一助けてくれるのは 雑貨店の経営者ジャンピン夫妻(黒人)だけでした。

14才になったカイアは 家を出て行った兄(ジョディ)の友人 テイトと川で知り合います。度々会うようになった二人は恋におちいります💛

テイトは優しい少年で 無学なカイトに文字や知識を教えます。

ところがテイトが大学生になりカイトの側を離れることになります。

頻繁に戻ってくると約束してくれたテイトでしたが・・・

テイトはカイトとは住む世界が違うということで 約束を反故にしてしまいます。

傷心のカイトに現れたのが 町きってのプレイボーイ チェイスでした。

ところがそのチェイスも他の女と婚約してしまい カイトは再び一人になります。

数年後 チェイスの他殺死体が見つかります。

町の人々は当然 カイトを疑います。

チェイスを殺害したのはカイトなのでしょうか?

終盤 舞台は法廷になります。

弁護士トムが奮闘します。

はたしてどんな結末が待っているのでしょうか!!

貧困・差別・高慢・孤独・純情・良心・征服欲・嫉妬・慈悲〜あらゆる感情がカイトの成長物語が美しい自然を背景に せつなくストーリは展開します。

名作です。

涙腺が自然と緩んできます。

そして 驚愕のラスト!

このラストは必要だったのか・・・他のレビューで取りざたされてましたが私はこのラストがあるからこそ 本のタイトル「ザリガニの鳴くところ」の意味が分かるのでないかと思います。

余談:テイトはやはりカイトを忘れられず 彼氏チェイサーがいるにもかかわらず 会いに行く場面 その時のカイトの言動がすごいです!チェイサーもクズですが このテイトも・・・(詳細は本を読んでください)

山元哲也
1 Star いいね!(8)
読み込み中...

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。

最新のエントリー

ジャンル

アーカイブ

投稿者