石井工業株式会社

ブログ

blog

WENTZ BOOK REVIEW 16「名も無き世界のエンドロール」

2023.12.08
WENTZ BOOK REVIEW 16「名も無き世界のエンドロール」

行成薫のデビュー作です。

男女の三角関係(男2・女1)を題材にした小説、アニメ、映画は切なくなりますね。

この作品もそのパターンです。

幼馴染のマコト(ドッキリ好きなやんちゃもの地頭が良い)、キダちゃん(びびりの野球少年 仙人ともいわれる)の通う小学校にヨッチという女の子が転校してきます。

中学・高校と三人は楽しい三角関係を続けていくのですが・・・・😢

最初ラブコメディーかなと思いましたが サスペンスです。

内容重いです。

私が一番胸が詰まった場面は 高校3年のとき 朴念仁のキダちゃんはヨッチに「好きだ」と告白します(押しボタンのある信号機の前で)

そのあとのヨッチの言葉に 涙腺が緩みました😢

イメージ~左から マコト・ヨッチ・キダちゃん

男女の三角関係を扱った映画のなかでアランドロン、ジョアンナシムカス、リノヴァンチュラが出演したフランス映画「冒険者たち」は強く心に残っています。

ジョアンナシムカスが 男前アランドロンそしてワイルドで粗忽なリノヴァンチュラどちらを選ぶか・・・(実際映画を観てください)

男女の三角関係〜ハッピーエンドになることはほとんどありません。

誰かが傷つきます(場合によっては3人とも)

「名も無き世界のエンドロール」映画化もされてたようです。

ミステリーとしてはそれほどではありませんが 3人の個性がとても良いです。

マコトのドッキリに必ずひっかかるキダちゃん~良いキャラです♬(うちの会社で働いてたら良かったのに・・・💦)

なぜ 名前がカタカナなのか?

読んでいくうちにわかります。

この本のタイトルにヒントが!

3人の他に リサという金持ち令嬢が登場しますが 犬を車で轢いてもほったらかしにする巨乳ゲス女です👹(轢かれた犬がこの作品の大きな伏線です)

この三角関係も定石通り ハッピーエンドになりません!(ネタバレご無礼🀄)

感情を表に出さないキダちゃんが、本の中で一度だけ涙を流します😢なぜ泣いたのか?読む人によって解釈はまちまちになると思います。

良い本とはこんなものですよ😊

久しぶりに考えさせるホットな本に出合いました。

ジョアンナシムカス〜良い女優さんですね💛
山元哲也
1 Star いいね!(8)
読み込み中...

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。

最新のエントリー

ジャンル

アーカイブ

投稿者