石井工業株式会社

ブログ

blog

『朝顔の 紺の彼方の 月日かな』

2021.10.21
『朝顔の 紺の彼方の 月日かな』

朝顔の季語は「秋」です🍂

仕事の合間に ぼーとするのも 頭のリフレッシュになりますよ😊

山元哲也
1 Star いいね!(3)
読み込み中...

5月〜我慢も慣れました!まだまだいけます💦

2021.05.06
5月〜我慢も慣れました!まだまだいけます💦

去年同様 GWは籠っていました😢

緊急事態さらに延長になるようです。

ここまできたら 年内まで我慢できそうです(笑)

ベンジャミン・ブリテン

健気な花でも見ながら治まるのをゆっくり待ちましょう。

雨のため 薔薇を切り花にして部屋へ避難☔
ミステリージュ、ゴールデンセレブレーション、ヴォン・ドウ・パドール、ユースティシア・ヴァイ
山元哲也
1 Star いいね!(5)
読み込み中...

春の話題をおひとつ🌬

2021.03.30
春の話題をおひとつ🌬

もうじき4月になります。

桜も満開を迎え 心が躍動してくる時季にもなります。

個人的に春の花といえば「アネモネ」になります。

私の庭でも 薔薇の開花を前にして「アネモネ」が次々とデビューしてきてます。

そこで「アネモネ」の話になります。

ギリシャ神話にも「アネモネ」は劇的に登場します。

西の風(春風)を司る神 ゼピュロスは、妻である花の神フローラとともに春の到来にあわせ、多くの花を地上に咲かせてくれてました。

ところが、ゼピュロスは妻の配下の妖精アネモネに心を奪われます。

それを知ったフローラは怒り アネモネを追放します。

アネモネを心配するゼピュロスでしたが フローラの嫉妬心を怖れアネモネを助けることをためらいます。

しかし、想いに耐えられず、ゼピュロスはアネモネを探しますが 時すでに遅く変わりはてた姿で発見されます。

罪の意識に苛まされたゼピュロスは、アネモネを花の姿に変えました・・・・それが画像の「アネモネ」です。

「アネモネ」の花言葉:『恋の苦しみ』『恋人に見捨てられる』

まさしく エピソード通りの花言葉です💦

山元哲也
1 Star いいね!(5)
読み込み中...

桜〜諸行無常の響あり🌸

2021.03.25
桜〜諸行無常の響あり🌸

京都下鴨の現場の打ち合わせの帰り 京都鴨川沿いに広がる桜に目を奪われました。

今年は桜の下で一杯いけるかな・・・と思いながら週刊天気を検索した今週末は雨模様😢😢

コロナの影響もあるし 花見宴会も自粛だろうなと感じながら・・・これが諸行無常かな(笑)

山元哲也
1 Star いいね!(6)
読み込み中...

少しだけ、春を感じて

2021.02.15
少しだけ、春を感じて

陽気な天候だった先週末、私の庭では桃の花がちらりと開花しました🍑

今回の冬は短かったなと思いながらビールをグイっと🍺

薔薇が咲くまで、ラナンキュラスとアネモネがこの時期楽しませてくれます😊

山元哲也
1 Star いいね!(6)
読み込み中...